本当に効く精力剤で、男のユーウツを吹き飛ばせ!

加齢によるホルモンの乱れで…

このページでは、EDと男性ホルモンの関係について調査しています。

EDと男性ホルモンの関係

ED(勃起不全)に悩む男性は数多くいますが、その半数以上は中高年の年代に差し掛かっているため「もう齢だから…」と、あきらめに近い気持ちを抱いてしまいがちです。

確かにEDは、男性更年期障害症状のひとつ。

女性の更年期障害が、閉経前後のホルモンバランスの乱れにより生じることはよく知られていますが、男性の場合は脳の視床下部で分泌される「性腺刺激ホルモン」の減少が、男性ホルモンの分泌減少を誘発し、更年期障害へと発展していきます。

性機能の低下はもちろん、イライラやうつ、不眠、そしてめまいやほてりなどの症状が現れる人もいるので、要注意ですね。

その対策

近年は病院での「男性更年期障害治療」も一般的になっているため、症状が深刻な場合は、病院に通って「テストステロン(男性ホルモン)補充療法」を受けるのがおすすめ。2週間に1度程度通院することで、EDをはじめとする更年期障害の症状が緩和されていくでしょう。

しかし同じ年齢でも、ED症状の自覚には個人差があります。「もう齢だから、ホルモンバランスが崩れて…」と結論付けるのは、早いかもしれません。

【男性ホルモンの分泌減少を加速させる要因】

  • 運動不足、栄養不足、睡眠不足などの生活習慣
  • 肥満
  • タバコやアルコールの過剰摂取
  • 過度のストレス

上記のような要因の放置は、危険。更年期障害どころか、心臓や血管の疾患、糖尿病に発展してしまう可能性があります。EDの症状に悩む中高年男性は、以下のような生活習慣を自分のものにしていくことも、大切なのです。

【男性更年期障害を予防するための生活習慣】

  • 規則正しい生活習慣を身に付ける。
  • 体型の改善やストレス解消に役立つ運動習慣を付ける。
  • 副作用のない天然原料の精力剤の飲用習慣を付けて、
    身体の内側から勃起力を強化する。

上記を実践し、EDや更年期障害に悩まない毎日を実現していきましょう!

ページの先頭へ