本当に効く精力剤で、男のユーウツを吹き飛ばせ!

HOME/ なぜ衰える?精力減退の原因を探る/ タバコ、飲酒、不規則な生活…

タバコ、飲酒、不規則な生活…

このページでは、喫煙とEDの因果関係について調査しています。

喫煙や飲酒がEDを招く!?

男性としての自信やプライドを傷つける、ED。その症状に悩む人は多く「成人男性の5人に1人はEDを自覚している」とも、言われています。その要因はさまざまですが、生活習慣がEDリスクを高めるという事実を、知っておいた方が良いでしょう。

喫煙

喫煙年々厳しくなる「嫌煙ムード」に、肩身の狭い思いを強いられているのが、喫煙者。「やめたいが、やめられない」という男性でも「喫煙かEDか」の二択を迫られた時、考えが変わるかもしれません。医師が左様に明言するほど、タバコは勃起に悪影響を及ぼすようです。

力強い勃起のためには、陰茎海綿体の血管へスムーズに血液が流れ込む必要があります。

しかしタバコに含まれるニコチンは「血管の収縮作用」が高いのですから、喫煙習慣がEDに繋がりやすいのも、当然です。

飲酒

「アルコールに強い=男らしい」という短絡的な考えを持つ人は、男女を問わず大勢います。しかし暴飲が勃起力の低下に繋がると知ったら、どうでしょう?男らしいどころの話ではありませんよね。

適量を越えた飲酒が肝臓にダメージを与えることはよく知られていますが、その機能低下は男性ホルモンの分泌減少を招きます。また過剰に取り込まれたアルコールを分解するために、体内の栄養素がどんどん奪われていくため、EDになりやすくなってしまうのです。

睡眠不足や偏った食事

そのほかにも、EDを招く生活習慣は数多くあります。

  • 睡眠不足…男性ホルモンの分泌は、就寝中に集中しているため。
  • 偏った食事…外食やファストフードで脂肪分の多い食事を続けていると、
    肥満や血流阻害を招くのは常識。いずれも勃起の障害要因となる。
  • 運動不足…ED要因となる肥満やストレスの蓄積を誘発する。

生活習慣の改善で根本的な解決を目指す

EDの治療には、薬(バイアグラやシアリスなど)の飲用が手っ取り早い、と考える人が多くなっています。しかし常飲するのも、問題。副作用が気になりますし、いつしかそれなしでは勃起できなくなってしまいそう…。薬の即効性にばかり期待するのではなく、地道に毎日、改善へと努めていくことも大切です。

【EDを予防改善するための生活習慣】

  • 規則正しい生活習慣を身に付け、暴飲暴食や喫煙を避ける。
  • 体型の改善やストレス解消に役立つ運動習慣を付ける。
  • 副作用のない天然原料の精力剤の飲用習慣を付けて、
    身体の内側から勃起力を強化する。

上記を実践し、EDに悩まない毎日を取り戻していきましょう!

ページの先頭へ