本当に効く精力剤で、男のユーウツを吹き飛ばせ!

HOME/ なぜ衰える?精力減退の原因を探る/ ストレスやプレッシャーで…

ストレスやプレッシャーで…

このページでは「ペニスが勃たない」という現象の、心理的な原因を探っています。

「勃たない!」その心理的な原因

「ペニスが思うように勃たない」、そんなEDの悩みを抱える男性は、日本国内だけでも1000万人以上。「成人男性の5人に1人はED」とも言われます。その理由はさまざまですが、ストレスやプレッシャーなど、心理的な要因で精力減退が訪れることがあります。

こうした「心因性ED」の症状は、20~30代など、一般的には精力に満ち溢れているはずの年代にも現れることがありますので、要注意。その原因はどこにあるのでしょうか。

  • パートナーとの不仲や、ふたりを取り囲む環境への懸念
  • 妊娠や性病への恐怖感

上記は比較的わかりやすい例で、特定のパートナーとの関係改善や、安全なセックスに対する正しい知識を持つことで、自然に解消される可能性も高くなっています。

  • 仕事上で責任の重い立場にあり、四六時中、脳がリラックスできなくなっている
  • 自身の男性器に強いコンプレックスを抱いている
  • 過去のED失敗体験がトラウマになっている

上記は若干、深刻度が増している例です。そもそも勃起は、脳が性的興奮を感じることにより生じるため、仕事上での強いストレスやプレッシャーは、勃起の抑止要因ともなりかねません。またさまざまなコンプレックス/トラウマも同様に、性的刺激への素直な反応を妨げます。

こうした心因性EDの改善に役立つのは、バイアグラやシアリスといった「ED治療薬」。ストレスや不安を感じることで活動が活発になる酵素「PDE5」を抑制する力があります。

ED治療薬の力を借りることでスムーズなセックスが実現すれば、成功体験が記憶に残り、勃起を妨げるストレスやプレッシャーを払いのける原動力となってくれるでしょう。

生活習慣の改善で根本的な解決を目指す

ED治療薬は、心因性のEDに悩む男性にとって、救世主的な存在です。しかし常飲し続けているのも、問題。副作用が気になりますし、いつしかそれなしでは勃起できなくなってしまいそう…。薬の即効性にばかり期待するのではなく、地道に毎日、改善へと努めていくことも大切です。

【心因性EDを軽減させるための生活習慣】

  • 仕事や人間関係で必要以上に悩まないために、
    気持ちの切り替えに役立つ趣味を持つ。
  • ストレス発散に役立つ運動習慣を付ける。
  • 規則正しい生活習慣を身に付け、暴飲暴食や喫煙を避ける。
  • 副作用のない天然原料の精力剤の飲用習慣を付けて、
    身体の内側から勃起力を強化する。

上記を実践し、EDに悩まない毎日を取り戻していきましょう!

ページの先頭へ