本当に効く精力剤で、男のユーウツを吹き飛ばせ!

ビール酵母

ビール酵母とはビールを発酵させる時に利用する酵母のことで、ビールをアルコール飲料にするために欠かせない微生物のことです。

ビール酵母は発酵の過程で、麦芽に含まれているさまざまな栄養素を摂りこんで成長します。しかし、ビールになる過程で取り除かれてしまうため、酵母そのものの栄養価に注目したところから、健康に役立つ成分として取り入れられるようになりました。

現在では栄養補助食品の他、健康増進効果を狙った食品、男性機能の改善などにも役立てられており、さまざまな用途に使われています。

ここではビール酵母の持つ効果や成分について、詳しく見ていきます。

ビール酵母の代表的な機能

ビール酵母の代表的な機能は、精力増強そのものというよりも、精力を強化する成分をさらにサポートしてくれるという点にあります。

アミノ酸・ビタミンB群・ミネラル・食物繊維・グルタチオンなど、体に欠かせないビタミンやミネラル、アミノ酸の他、食物繊維も含んでいるということで、バランス良く栄養素を取り入れたい方に向いています。

特にビタミンB群については、精子の生産に欠かせない亜鉛の効果をさらにアップさせるため、亜鉛と同時に摂取しておきたい栄養素です。

アミノ酸についても、人間の体では生産できない必須アミノ酸9種類がすべて含まれており、疲労回復効果や体力の向上などが期待できます。

ビタミンB群は食品などから摂取するのが一般的ですが、アミノ酸やミネラルなども同時に摂取しなければ、栄養素が偏った状態となってしまいます。

その点、バランス良く栄養素を補えるビール酵母は非常にすぐれた栄養価を持つ成分と言えるでしょう。

また、ビール酵母に含まれる栄養素は皮膚や毛髪、爪などを健康に保つため、体の内側だけでなく外側への効果も注目されています。

後述する「グルタチオン」という成分には高い抗酸化作用があり、同時に解毒作用も期待できるため、アンチエイジングや体内の若返りにも期待できます。

ビール酵母の主成分

ビール酵母に含まれている有効成分は、以下のように分けることができます。

  1. アミノ酸
  2. ビタミンB群・ミネラル
  3. 食物繊維
  4. グルタチオン

アミノ酸

ビール酵母には、人間の体内で合成できない「必須アミノ酸」9種類がすべて含まれています。

体内で合成が可能な「非必須アミノ酸」を含めると、19種類ものアミノ酸がビール酵母の中には含有されています。

これらを継続的に補給することで、新陳代謝の向上や疲労回復機能の改善などといったメリットを見込むことができます。

ビタミンB群・ミネラル

ビール酵母は、ビタミンB1・B2・B6など、人体に欠かせないビタミンを豊富に含んでいます。

ビタミンB群は男性の性機能にも深く関わっており、亜鉛などミネラル類との相性も良いため、積極的に摂取したい栄養素です。

また、ビール酵母にはミネラル類も含まれています。特に多いものが「カリウム」です。

こちらは体内に溜まった塩分を外へと排出する効果があるため、体内の塩分濃度をうまく調節するために欠かせない栄養素です。

食物繊維

次に欠かせない栄養素として「食物繊維」が挙げられます。

ビール酵母には「第6の栄養素」と呼ばれる食物繊維が含まれており、食物繊維は腸内の老廃物を外に押し出してきれいにするために欠かせない成分です。

腸内環境の正常化は免疫力の向上をはじめ、体内における重要な役割を果たします。

食物繊維を摂取することで、食後の血糖値の急上昇を抑えることができるため、血糖値に不安がある方は積極的に食物繊維を摂る必要があります。

血液の循環や質は、男性機能の維持や改善にも深く関わっています。体内から若々しい体作りを目指すためにも、腸内環境の改善は必要不可欠と言えるでしょう。

グルタチオン

グルタチオンは3種類のアミノ酸(グリシン・システイン・グルタミン酸)から構成される「トリペプチド」のことです。

高い抗酸化作用、デトックス作用を持ち、体内における活性酸素や毒素の除去を行います。

ビール酵母の効果的な摂り方

ビール酵母の効果的な摂り方としては、市販の粉末状のものやサプリメントなどがあります。ビール酵母は薬にも使われていますが、健康食品として市販もされています。

粉末状のビール酵母は吸収性が良く、ヨーグルトや牛乳など食品に混ぜて使うことで、独特な味わいや匂いが気になりません。

粉末状のビール酵母が口に合わない場合には、サプリメントを使うのも一つの方法です。

サプリメントタイプにはビール酵母が直接配合されており、粉末のように味が気になる心配もないので、飲み物さえあれば手軽に栄養が補給できます。

どちらも栄養補給をする上でおすすめですが、ライフスタイルや好みに応じて使い分けることもできます。

男性機能が気になる方は、亜鉛やマカなどが配合されたタブレットも販売されているのでそちらを使うと良いでしょう。体に不足した栄養素を補いながら、男性機能の回復を目指すことができます。

安全に摂取するための注意点

ビール酵母を安全に摂取するための注意点として、ビール酵母にアレルギー症状が出る可能性が指摘されています。

フードアレルギーの中でも酵母に反応を示すタイプの方は皮膚に発疹や蕁麻疹のような症状が出る他、かゆみを伴うこと、炎症が起きる可能性があります。

また、以前に「痛風」を発症した人については、尿酸値が上がる可能性があるため、ビール酵母を摂るのは控えましょう。どうしてもサプリメントなどを服用したい場合は医師に許可を取るようにしましょう。

ビール酵母には高い栄養価がありますが、体質によっては合わないこともあります。

フードアレルギーや通風持ちの方は特に要注意ですが、それ以外にも既往症の薬を飲んでいる方や、消化器官が弱い方も摂取には注意が必要です。

含有されている成分との相互作用が心配な場合は、かかりつけの医師に相談をしてから飲むようにすると安心です。

ページの先頭へ