本当に効く精力剤で、男のユーウツを吹き飛ばせ!

イチョウ葉エキス

「イチョウ葉エキス」は、乾燥させたイチョウの葉から抽出した天然のエキスのことです。

イチョウといえば道路沿いでみられる一般的な落葉樹ですが、実はイチョウの葉には男性機能の改善に効果的なさまざまな効果が含まれています。

イチョウ葉エキスには高い抗酸化力と血流改善効果などがあり、すでに欧米諸国では医薬品として認可されています。日本では「健康補助食品」として利用することができ、サプリメントなどの健康食品として販売されています。

イチョウ葉エキスの代表的な機能

イチョウ葉エキスの代表的な効果は「血流改善」です。脳や毛細血管の血行が良くなるとされ、脳機能はもちろん、高血圧や神経痛、冷え性など男性機能にも関わりのある、全身の諸症状の改善に効果が期待できます。

男性機能の多くは加齢やストレスによるものと考えられていますが、血行不良も原因の一つです。血流の滞りを改善することによって、男性機能の促進や改善が期待できるというわけですね。

イチョウ葉エキスの主成分

イチョウ葉エキスに含まれている有効成分は、以下の3種類に分けることができます。

  1. フラボノイド類(ケルセチン、ケンフェロール、ルチン)
  2. ギンコライド(ギンコライドA・B・C)
  3. テルペノイド類(ビロバライド)

フラボノイド類・ギンコライド・テルペノイド類は、いずれも強力な抗酸化作用を持っています。そのため、血行障害の改善に適しており、体内に補いにくい成分を補給するという意味でも、非常に有効と言えるでしょう。

心臓へ働きかけ血流を改善

イチョウ葉エキスで注目したい効果が、心臓への働きかけです。マウスを用いた実験結果によると、イチョウ葉エキスを投与したマウスの心臓の拍動が増加したことが確認されています。

また、マウスの血流速度の上昇も同時に確認されています。心臓は血液を身体中へ巡らせるポンプのような働きをしています。つまり、イチョウ葉エキスによって拍動が増加したことで、血液の流れも促進され、血行改善に繋がるのです。

血液は男性ホルモンやその材料を各部へ届けるという重要な役割があります。精力減退の原因の1つにも、血行不良が考えられているほどです。そのため、イチョウ葉エキスによる血行改善効果が精力アップに効果的に働きます。

血液量の増加は確認されていない

イチョウ葉エキスにより血行改善効果は見られるものの、一方で確認されていないのが血圧や血液量の変化です。これは、血液が増えたことではなく、単に心臓の拍動数が増えたことを表しています。つまり、心臓がたくさん働くことで血液循環がよくなるのですが、身体の中を巡っている血液量は変わらないのです。

また、血液量を変化させないということが、他の臓器などの機能に働けきかけていないことを意味しています。つまり、イチョウ葉エキスの効果は心臓へダイレクトに働きかけているのです。

この働きかけの過程は重要で、神経系に働きかけをしていないため、余計な副作用などが起きにくいことを表しています。特に神経系への働きが、精力減退の副作用を招く恐れもあります。イチョウ葉エキスではこうした心配がほとんどないため、その効果だけを感じられることが大きなメリットとなっています。

降圧薬への影響

加齢により血圧が高くなると、血圧を下げる薬を服用している場合があります。ラットによる実験でも降圧薬を併用し、その変化を確かめる実験が行われていました。その結果は、イチョウ葉エキスによる影響はほとんどなくなり、拍動の低下が確認されています。

もともとイチョウ葉エキスによって血圧への影響は少ないため、降圧薬の働きによって血圧が下がります。ここで注目なのは、拍動も低下してしまうことです。つまり、降圧薬と併用するとイチョウ葉エキスの働きが阻害されてしまうのです。普段から使用している内服薬には十分に注意して、イチョウ葉エキスを活用しましょう。

参考:

2000年『ラット循環機能に及ぼすイチョウ葉エキスの影響』窪田 洋子、梅垣 敬三、林真知子、篠塚和正、国友 勝

フラボノイド類

イチョウの葉には、30種類以上ものフラボノイド類が含まれています。フラボノイドは活性酸素を除去する作用のある「ポリフェノール」の一種であり、老化の原因を取り除いて体内を活性化させてくれます。

具体的には、血管収縮作用を持つ物質である「トロンボキサンA2」を阻害するという心強い作用があります。そのため血管拡張作用による血行促進が期待できます。

また、フラボノイド類には血液をサラサラにしてくれる効果があります。

体内に発生し、血液を汚す原因となる「悪玉コレステロール」は、酸化することによって血管壁に貼りつき、血流の阻害や血管の損傷といった多大なリスクを与えます。しかし、イチョウ葉エキスを摂取することで抗酸化作用がもたらされ、悪玉コレステロールの酸化を予防し、血管を健康な状態に保ちます。

汚れた血液によって詰まりやすい毛細血管の通りを良くしてくれるので、血栓の予防や全身の血流の改善などが期待できます。

ギンコライド

ギンコライドはイチョウ葉独自の「香り成分」ですが、この成分にも血行を改善する効果があります。動脈硬化を改善するパワーがあるため、血液の流れが悪い方にはもちろん、血流低下による勃起不全の解消にも役立ちます。

テルペノイド類

テルペノイド類にはリラックス作用の他、高血圧を予防する効果があるとされています。フラボノイド類やギンコライドと併せて、体内の血流や血圧を安定化させるパワーがあります。

その他の健康効果

イチョウ葉エキスには上記のように3種類の成分が含まれているため、血液を健康に保つ効果が期待できます。血液は体の至るところに流れており、男性機能についても多大な影響を及ぼします。

血行不良は生殖機能の低下を引き起こすだけでなく、生活習慣病や免疫力の低下などを引き起こすため、さまざまな病気の原因とされています。イチョウ葉エキスにはそれらのリスクを減らしながら、体内を健康に保ち、男性機能を維持・促進するために役立つのです。

その他の効果は、血球の柔軟性を高めて、毛細血管のすみずみまで血液が流れやすくしてくれることです。食品などから摂取した栄養成分が脳をはじめ、下半身にも入っていきやすくなり、男性機能の向上や健康増進が期待できるようになります。

血液はあらゆる栄養素を体内に運ぶ役割を持ち、男性機能の維持についても、血行が良好でなければ勃起不全などの障害のリスクが生まれます。

血管や血液を健康に保ってくれるイチョウ葉エキスは、加齢や生活習慣による不健康・勃起障害の心強い味方となってくれるのです。

イチョウ葉エキスは頭から足先まで、全身について効果をもたらしてくれると言われています。人体のあらゆる部位に健康効果を示す食品は貴重であり、摂取のしづらい成分であることからも、サプリメントをうまく活用したいところです。

イチョウ葉エキスの効果的な摂り方

イチョウ葉エキスを摂取するためには、サプリメントがもっとも効率的な方法となります。

イチョウの葉を食品として口にするのは難しく、有効成分を十分に摂取するのも困難であるため、サプリメントを使って不足分を補うのが一般的です。

注意点として、イチョウ葉サプリメントは、有効成分であるイソフラボン類・ギンコライド・テルペノイド類の含有量がメーカーによって異なるため、有効成分が十分に含まれているものを選ぶ必要があります。信頼のできる製品を選ぶことが大切です。

また、イチョウにはアレルギー反応を起こす「ギンコール酸」が含まれているため、サプリメントからギンコール酸を摂取してしまう可能性があります。

アレルギー体質の方はサプリメントの栄養表示を確認し、ギンコール酸が取り除かれたものを選びましょう。

安全に摂取するための注意点

イチョウ葉エキスは通常、サプリメントから摂るのが一般的です。イチョウの葉を直接口にすることもできますが、一日分の有効成分を得るのは難しいため、サプリメントもしくは健康食品などから摂取すると良いでしょう。

また、アレルギー体質の方は必ずギンコール酸を取り除いたものを摂るようにしてください。イチョウの葉を天ぷらなどにして直接口にすると、ギンコール酸が体内に入ってしまいますので注意が必要です。

ワルファリン(ワーファリン)など、イチョウ葉エキスと相性の悪い薬を飲んでいる場合は、飲み合わせにも注意が必要です。

出血が止まりにくくなるなどの副作用が考えられますので、サプリメントや健康食品を使う際には医師に許可を取り、安全性を確かめた上で摂取するようにしてください。

ページの先頭へ