本当に効く精力剤で、男のユーウツを吹き飛ばせ!

高麗人参

高麗人参は中国東北部から朝鮮半島までのエリアを原産地とするウコギ科の多年草で、オタネニンジンという名称でも知られています。

高麗人参の成分は根に含まれており、胃などの消化器を強化、鎮静作用や血圧への効果などが期待されています。

すでに日本でもサプリメントなどの健康食品として利用されていますが、ここでは高麗人参の持つ効果や成分について、詳しく見ていきます。

高麗人参の代表的な機能

高麗人参の代表的な機能としては、「交感神経の刺激による代謝の改善」が挙げられます。

血圧が低い、あるいは体温が低いといった方には血流を促進し、さらに造血作用もあるため、貧血気味な方にも適している成分です。

血液を造って流れを良くするというダブルの効果によって、下半身の勃起不全にも効果が期待できるのです。

近年では男性の不妊症にも注目が集まっていますが、高麗人参には、新鮮な血液を造り、全身に流すという効果があるため、いつも元気でいたい男性の心強い味方です。

ビタミンやミネラルなどの力により、疲れた体への回復効果や体内を健康に保つといった効果も期待できますので、年齢やストレスなどで弱った体にも適しています。

その他の機能としては、ホルモンの働きを改善したり、分泌量をアップさせたりする機能も注目されています。

こちらも高麗人参ならではの効果と言えますが、血流が良くなることに加えてホルモンの分泌量が増えれば、男性機能の向上にも役立つ可能性があります。

高麗人参には、血液を固める作用(血小板の凝集によるもの)を防いで、血栓を溶かしてくれる作用が知られています。

「血液をサラサラにする効果」と言うと分かりやすく、動脈硬化などの生活習慣病の改善にも良い影響を与えるとされています。

高麗人参の主成分

高麗人参に含まれている有効成分は以下の通りに分けることができます。

  1. サポニン
  2. ビタミン・ミネラル
  3. アルカロイド

サポニン

高麗人参の有効成分はサポニン(ニンジンサポニン)です。健胃作用や滋養強壮、鎮静作用、血糖や血圧の調整など、体の健康に関わるさまざまな効果が期待できます。

サポニンはオリーブなどの自然界の植物にも含まれている成分で、高麗人参のサポニンは苦味やえぐみなどを発生させます。

この独特な苦みによって、野菜のように直接口にすることができないため、サプリメントとして利用されています。

サポニンの持つパワーは男性機能の促進にも役立ちます。血圧を高め、血の巡りを良くする効果があるため、冷え症や血行不良による勃起不全などに役立ちます。

サポニンは長期間じっくりと育てた高麗人参に豊富に含まれるとされています。 「6年根」と呼ばれる高麗人参については、30種類以上のサポニンが含まれていると言われています。

ビタミン・ミネラル

高麗人参の主成分はニンジンサポニンですが、実は良質なビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

良質な血液の造血に欠かせない鉄分をはじめ、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・マンガン・リンなどのミネラル類が豊富で、特にマグネシウムについては通常の植物の10倍以上もの量が含まれていると言われています。

マグネシウムが不足すると体内のエネルギー生産やタンパク質の合成などに関わっているため、不足するとめまいや心疾患などのリスクが現れるとされています。

アルカロイド

アルカロイドは植物に含まれる含窒素塩基物質の総称で、高麗人参に含まれているアルカロイドは毒素がなく、代わりに免疫力を向上させると言われています。

高麗人参の効果的な摂り方

高麗人参は古くからお酒に漬ける、粉末状にしてお茶として飲むなど、さまざまな利用方法がとられてきました。

しかしそれらの方法は手間がかかり、高麗人参独特の苦味もあることから、サプリメントで摂取するのが一般的です。

サプリメントの場合、味を気にせずすぐに飲み込めてしまうので、手軽かつ簡単に滋養強壮成分を補うことができます。

高麗人参を使った韓国料理である「参鶏湯(サムゲタン)」は唯一高麗人参を食材として口にできる料理ですが、日本ではあまり口にする機会はありません。そのため、サプリメントや健康食品などから摂取するのが一般的です。

効果的な摂り方としてもっとも大切なのは、摂取期間と用量です。

医薬品ではありませんが、用量を間違えると体に効果が出過ぎてしまい、副作用の危険もあります。一日の必要量を守り、継続して飲むようにしましょう。

サプリメントにもいろいろな種類がありますが、カプセル型や錠剤タイプの中には、胃で溶けにくく消化に時間のかかるものがあるとされています。

消化吸収に無理がなく、安全に摂取のできる製品を選ぶことも、効率的に高麗人参を摂る方法と言えるでしょう。

安全に摂取するための注意点

さらに安全に摂取するための注意点として、高麗人参には血圧を上げる作用があります。

そのため、高血圧症や高血圧気味の方は、医師に確認を取ってから摂取することをおすすめします。

まれに高麗人参の摂取によって不眠症や動悸、血圧上昇、頭痛などといった症状が現れる恐れがあります。

高麗人参を摂取するタイミングとしては、朝からお昼までの活動期がもっとも理想的です。

夜に摂取すると不眠気味になることや、興奮作用をもたらす可能性が高いためです。胃腸の動きが活発になっている食後に飲めば、栄養の吸収効率も高く理想的です。

薬効が高い食材ではありますが、薬ではないので一度飲んだだけでは十分な効果は現れません。体調をみながら毎日用量を守り、1ヶ月など期間を決めて飲み続けるようにします。

また、高麗人参は妊娠中や授乳中の女性の他、既往症などにより医薬品を服用している方は摂取を避ける必要があります。

すでに医薬品との相互作用や副作用などが複数報告されているため、事前にかかりつけの医師に確認を取ってから飲むことをおすすめします。

ページの先頭へ