本当に効く精力剤で、男のユーウツを吹き飛ばせ!

カツアーバ

カツアーバは、ブラジルのアマゾン川流域を原産地とする天然ハーブの一種です。黄色い花を咲かせ、葉や枝などから有効成分が抽出され、滋養強壮などに利用されています。

ブラジルでは古くからガラナなどと同じく力の源とされ、催淫効果(さいいんこうか)が高いことから、子どもを持ちたいと願う人々の助けにもなった植物です。

ここでは、カツアーバの持つ効果や成分について詳しく見ていきます。

カツアーバの代表的な機能

カツアーバの代表的な効果には、「中枢神経の刺激による性欲の増加」が挙げられます。

性欲そのものがアップするだけでなく、血流を改善して勃起不全やEDの解消といった効果も期待できます。

血流を良くする効果とともに催淫効果(さいいんこうか)もアップするため、男性だけでなく女性が摂取することで、お互いに満足のいく性交渉が行えるといったメリットもあるようです。

また、カツアーバには中枢神経に作用することから、記憶能力が向上する効果も期待できるようです。

滋養強壮に良いとされる自然界の植物には「マカ」などが挙げられますが、カツアーバには高い催淫効果(さいいんこうか)が含まれていること、そして副作用が少ないことなどが特徴です。

興奮作用はありますが、その作用を活かしてやる気をアップさせる、疲労回復させる目的に使うことも可能です。

臨床試験では、マウスにカツアーバを与えたことによって抗細菌作用がみられたという報告もあり、現在もなお研究が重ねられています。

カツアーバの主成分

カツアーバに含まれている有効成分は、以下の通りに分けることができます。

  1. カツビアン
  2. アルカロイド
  3. タンニン

カツビアン

カツアーバの主成分であるカツビアンは、「カツビアンA・カツビアンB・カツビアンC」の3種類に分けられています。これらの成分が神経系に作用することで、精力アップや生殖機能の改善効果などが促されます。

カツビアンには血流を改善する効果もあるということで、精神面だけでなく肉体面でも生殖行為に効果的にアプローチをすることができます。

また、前述した記憶力の向上についても、このカツビアンが関わっています。認知症の予防に良いとされており、脳への良い影響が期待できる成分でもあるのです。

アルカロイド

アルカロイドは自然界に広く存在し、アミノ酸を原料にして作られる成分です。さまざまな植物がアルカロイドを有しており、カツアーバの葉や枝にも含まれています。

通常アルカロイド類には毒性がありますが、カツアーバのアルカロイドは中枢神経を刺激して、男性ホルモンの機能を促進する効果があります。

アルカロイドは神経に直接作用する成分なので、性欲を旺盛にする機能があります。男性はもちろん、女性もカツアーバを摂取することができ、性欲が減退した時などに前向きな気持ちにさせてくれます。

タンニン

タンニンはポリフェノールの一種で、体内ですぐれた抗酸化作用を発揮してくれる成分です。独特の苦味を持っていますが、体内の活性酸素を除去して、老化を防ぐ「アンチエイジング」効果が期待できます。

活性酸素はすべての人の体内で日常的に生産されている物質ですが、増えすぎると血液中に悪玉コレステロールが増殖し、血管の壁に付着して動脈硬化などを引き起こします。

この血流障害が勃起不全を引き起こす可能性もあるため、活性酸素を取り除いて血液をきれいにしてくれるタンニンは、生活習慣病などの予防の他、男性機能に対しても心強い味方となってくれます。

カツアーバの効果的な摂り方

カツアーバは天然のハーブとして、ブラジルの先住民族が滋養強壮などに利用してきた植物です。しかし植物そのままを口にするのは難しく、最近ではサプリメントとして摂取するのが一般的です。

カツアーバのサプリメントは、アルカロイドやタンニンなどの成分を粉末もしくは粒状にして、そのまま製品として出荷しています。

カツアーバを単体で含むサプリメントはあまり多くはありませんが、マカなどと併せて配合されているサプリメントがありますので、男性機能に悩んでいる方におすすめです。

安全に摂取するための注意点

カツアーバは男性機能への薬効が高い植物として知られていますが、薬として使うことはできません。

飲んですぐに効果が出るというものではなく、体質や体調によっては体に合わない可能性もあるため、副作用には注意が必要です。

安全に摂取するためには、カツアーバを含むサプリメントの注意事項や配合されている成分をよく読み、体に合ったものを選ぶことが大切です。

亜鉛やアルギニンなど、男性機能の向上に役立つ成分が一緒に配合されているサプリメントは、カツアーバの効果をさらに引き出してくれる製品です。

カツアーバそのものには特に重篤な副作用はないとされていますが、コカインの原料になる「コカの木」と同じ仲間であるため、中枢神経への作用が副作用のリスクに挙げられています。

サプリメント製品は安全に摂取できるように配慮されていますが、万が一過剰摂取をすると影響が出る恐れがあるため、用法や用量は必ず守るようにしてください。

また、カツアーバにはホルモンバランスを保つ高い効果も注目されています。しかしこちらも男性ホルモンに関わるため、サプリメントを飲んで体調不良などを起こす場合は摂取を中止し、様子をみるようにしましょう。

カツアーバの特徴である「催淫効果(さいいんこうか)」についても、同じく副作用のリスクに数えられます。

パートナーとの夜を控えている場合はその直前に飲むようにし、朝や昼などの活動中は控えるようにして、摂取のタイミングを慎重に見計らう必要があります。

カツアーバはコカインの原料となるコカの木の仲間であるため、催淫効果(さいいんこうか)以外の神経系への作用にも注意が必要です。

めまいや酩酊状態(めいていじょうたい)、理性を失うといった副作用が出た場合はすぐに摂取を止め、成分が抜けるまで落ち着いて過ごすことをおすすめします。

ページの先頭へ